合格体験記

大阪府大

入学当初、成績はそれほど良くなかった彼らですが、日々コツコツと努力を重ねて合格を手にすることができました。スパブでがんばれば道が開けます。
最近は、個人情報保護が一層厳しくなり、個人情報の流出に神経質にならざる得ない状況になっております。合格体験記掲載の許可を得た方のみ掲載しております。合格大学のみを合格実績のほうに掲載しております。

最新の合格体験記

向陽卒 土谷龍之介君-和歌山大(教育・理系)・近畿大(建築・理工)

土谷君 高校時代は勉強をサボっていたので予備校生活では基礎が身についていない状態からのスタートでした。そんな状態でしたが、1年間早起きをして宿題やテストにくらいついていった結果、成績は徐々に伸びていきました。特に数学と化学は大きく伸びました。授業中、地理や化学で出てくるゴロ合わせは暗記が楽になりました。予備校の環境はみんないい仲間だったので孤独を感じることなく1年間楽しく勉強できました。

向陽卒 竹内舞さん-和歌山大(教育・文系)

竹内さん 現役時代、受験勉強を始めるのが遅かったため基礎ができておらず、すべての科目において基礎を固めるのが大変でした。それでも朝早く来てテストの準備をしたり、どんなに苦手な教科も全て合格するという気持ちで前向きに頑張りました。この1年間、想像以上に時間がなくあせりましたが、悪戦苦闘している間に模試の結果も少しづつついてきて徐々にリズムをつかめるようになってきました。こういう経験をして乗り越えられたことはこれからの自信になったと思います。

向陽卒(吹奏楽部) 泉永祐希君-同志社大学(理工学部)・関西大(システム理工特待生合格)

泉永祐希君 スパブで行われるテストで初めのうちは英語のテストはその重要性に気づかずにないがしろにしていたけれど、みんなが頑張って合格しているのをみて自分も必死に合格できるように頑張ってみました。そうすると徐々にそれが模試の点数にあらわれてきました。基礎からコツコツ積み重ねていくことの大切さを実感しました。勉強では「10回やっても出来ないものは100回やる」という姿勢で1年間勉強に取り組みました。

向陽卒(バレー部) 徳野誠君-国学院大学(文学部)

徳野誠君 スパブでみんな仲良くて1年間楽しく勉強できました。少人数でみんなと打ち解けることができました。和気あいあいとした雰囲気の中で少人数教室での勉強は集中できました。予備校の環境がとても大切であることを実感しました。テストではなんとか合格できるように頑張りました。勉強に対してマイナスのイメージをもたないように遊びも計画の中に入れてゆったりと自分のペースで1年間頑張りました。

向陽卒(陸上部) 池田亜耶香-和歌山大学(教育学部・理系)

池田亜耶香さん スパブではたくさんのテストがありました。午前3時まで勉強したこともあり、しんどいことはありましたが、コツコツとテストをこなしたおかげで模試でもよい判定がとれるようになりました。特に英語は単語、文型、長文解釈、文法のテストなど種類が多くて抜け目ない学力の向上につながったと思います。予備校生活はメンバー全員が仲良しでとても良い雰囲気で勉強できました。勉強の面はしんどかったですが予備校生活は楽しかったです。

桐蔭卒 池田沙耶香-和歌山大学(教育学部・文系)

池田沙也加さん 少人数という環境のなかでみなと切磋琢磨できたことがとても良かったです。スパブのテストをこなしていくと確実に力になりました。毎日が充実した日々でした。地学は自分一人だけでしたが、テストを作成してくれて色々と気にかけてくれてありがたかったです。辛いこともありましたが、1年間とても楽しく学ぶことができました。ありがとうございました。

開智卒 坂本悠輔君-関西学院(法学部)

坂本悠輔 現役時代はほとんど勉強しなかったので浪人しても遊ぶかもしれないと思っていたけど、スパブでは遅刻には厳しかったので遅刻をしないで頑張ってやり通すことができました。また、スパブでは試験があったのでそれも1年間リズムを崩さないで予備校生活を頑張り通せた要因でした。勉強漬けの1年になると思いましたが、思いの外、予備校生活は楽しかったです。それは良い仲間がいたからだと思います。

過去の合格体験記

高卒認定 西畑瞬君-静岡大学(情報学部)、立命館大学(情報科学)、関西大学(総合情報)etc

西畑君 ビデオを見る予備校に1年間通っていましたが、昨年は全敗でした。そこで同じ受験という世界で頑張っている仲間を求めてスパブに入塾しました。スパブでは良い仲間と巡り合えて切磋琢磨できたことがとてもよかったです。日々、一緒に買い物に行ったり、ご飯を食べたり、掃除したりと何気ないことを通じて支えあう仲間ができました。勉強の面では理系科目をみんなについていけるように必死に頑張りました。全ての科目で伸びましたが、特に伸びた科目は英語です。かなりやらされたので英語については相当自信がつきました。それにセンター試験の国語では186点をとれたことも収穫でした。スパブでは日々の努力が確実に結果へと結びついていく勉強をしてくれました。 厳しくも良い仲間がいる環境が大きく伸ばしてくれる環境であることを実感しました。

桐蔭卒 米田那友也君-和歌山大学(教育・文科系)、佛教大学(歴史)、大和大学(教育)

米田君 勉強は日々の積み重ねが大切なので小テストに受かることにこだわりました。これが意外と難しかったですが、おかげで英語は驚異的に伸びました。伸び悩んでいた古文は特別な対策や勉強をしなくても普段の授業と授業前の小テストをきちんと受けるだけで内容がつかめるようになり、安定した点をとれるようになりました。予備校の雰囲気はとてもアットホームです。少人数なので仲間意識が強くなり、同時にライバル意識も芽生えます。この1年間みんなといるのが楽しかったです。先生は生徒一人ひとりの強みや弱みや性格まで把握して指導にあたってくれるので僕も的確なアドバイスをいただきました。最後にセンター試験は思うようにとれませんでしたが、伸ばすことが出来た英語と特異な日本史のおかげで2次試験で逆転し無事合格することができました。ありがとうございました。

向陽卒 井神直樹君-和歌山大学(経済学部)、関西学院大学(経済・商)

井神君 今年大きく伸びた要因は長距離の通学を遅刻せずに1年間続けたことそして誰よりも早く来て勉強の準備をして授業に臨んだことです。基本的にはすべての科目が伸びましたが、特に英語は得点源になりました。数学も定期的に行われる予備校でのテストのおかげでかなり伸びました。スパブにはいろいろな個性の人が集まりますが、雰囲気はよく仲間同士の結束がとれていました。あっという間の1年間でした。それは長い浪人生活が短く感じられるほど日々の生活が充実していたからだと思います。少人数制予備校では一人ひとりが主体性・積極性をもって学べるのでそのシステムに合えば大きく成績を伸ばせます。

向陽卒 西貴之君-三重大学(工学部)、関西大学(システム理工)、近畿大学(理工)etc

西君 1年間遅刻と欠席には注意しました。おかげさまで規則正しい生活習慣が身につきました。スパブはアットホームな雰囲気の中にも厳しさをもって勉強できるので1年間緩むことはありませんでした。最初は大手予備校との選択に迷っていましたが、僕には友達がたくさんいたので流される環境ではリスクが高いと思いスパブにしました。実際、スパブにして正解でした。良い仲間とも巡り合って充実した1年でした。昨年は私立大学を含めて1つもひっかからなかったのですが、今年は国公立大学を含め私立大学にもすべて合格しました。大幅に実力がついた証拠です。スパブでやれば必ず伸びます。1年間ありがとうございました。

桐蔭卒 井岡紗椰さん-信州大学(人文学部)、関西大学(法)

井岡さん 現役のときには定期テストでさえ一夜漬け、小テストの準備など全くしたことがなかったのですが、予備校生活では改心しスパブでのテストはきちんとこなしました。そのおかげで英語の読解力や速読力が大いに伸びました。日本史の授業もゴロ合わせあり、冗談もありと楽しい授業のおかげで楽しく実力がつきました。スパブは少人数なので生徒同士はとても仲が良くて良い人間関係に恵まれました。先生は親身になって相談に乗ってくれて成績の良い時も悪い時にもやる気を引き出してくれるような言葉を常にかけてくれました。おかげで1年間緊張感を持って学ぶことができました。本当に1年間ありがとうございました。

桐蔭卒 芝村怜さん-大阪府立大学(現代システム科学域)、関西大学(経済)

芝村さん 予備校時代は無遅刻・無欠席を心がけました。きちんと1年間通うことができました。予備校生活を充実したものにするには通いやすい環境と勉強に集中できる環境が必要です。スパブはその2つの環境が整っています。スパブの少人数環境では余計な人間関係に煩わされることが少ない分、勉強に集中できました。授業は基礎からはじめて時折、冗談を交えて飽きない授業をしてくれました。その上、分かりやすかったので実力がドンドンついていきました。毎日のようにあるテスト、これだけをこなしていっても大学受験に通用する実力が充分につきました。

和歌山信愛高校 田中真希さん-岡山大学(理学部)、航空保安大学校(航空情報)

田中さん 私は大阪からの通学でしたが、朝は必ず早めに来てその時間をその日の予習と復習に充てました。 予備校のテストでは「やったことは必ず身につける」というスタンスでやっていたので「一度解いた問題は確実に解けるようにする」という姿勢で臨みました。この積み重ねが実力に結びついていったのだと思います。模試や予備校のテスト結果では「勝った!、負けた~」などとみんなと言い合う切磋琢磨できる仲間がたくさんいたことも大きかったと思います。楽しい仲間達と勉強でき、あっという間の1年間でした。ありがとうございました。

開智高校 山田麻紗子さん-京都府立医科大学(医学部・看護)、千里金蘭大学(看護)

山田さん スパブでは試験がたくさんありましたが、自然とそれに向けて勉強するので試験があって本当に良かったと思います。化学は現役のころとても苦手でしたが、先生の作ってくださったプリントで細かく勉強することで曖昧だった部分がきちんと分るようになりました。それにつれて苦手意識はなくなっていきました。私の中での浪人生活のイメージはピリピリした空気の中で1年間勉強するというものでしたが、スパブは少人数制だったので友達ともすぐ仲良くなり、とてもフレンドリーな環境で勉強できた1年間でした。生活面では規則正しい生活を最後まで送ることが大切だと実感しました。

開智高校 志波慶多君-静岡大学(工学部・電気電子)

志波君 始まって早々遅刻でこっぴどく怒られたとか、欠席が続いて辞めさせられかけたとか…。色々ありましたが、根気よく厳しく指導してくれました。あの時、厳しく叱ってくれることがなかったら今でもずっとそんないい加減な生活をしていたと思います。勉強以前の問題ですが、僕にはそういうことができなったのです。自分が変われたのでスパブに行って本当に良かったと思います。良い仲間に恵まれて幸せでした。ずいぶん仲間には助けられました。特によく朝、メールで起こしてくれた磯川さんには感謝しています。彼女は僕のマドンナでした。それにポイント制度と言うものがあって、おかげで楽しく、危機感を持って勉強ができました。ありがとうございました。

向陽高校 嶋時生君-大分大学(経済学部)・日本大学(経済学部)

嶋君 基本的に何もないときは毎日夜10時まで自習するように心がけました。そして日々の勉強では小テストなどを確実にクリアすることで少しずつ実力を伸ばしていくことができました。コツコツと勉強することはとても大切なことだと実感しました。少人数の授業は高校とは異なる雰囲気でとても集中できました。自分には合っていると思いました。みんなとも良い関係が築けてこの1年はとても充実していました。1年の大半を過ごす場所なので予備校の雰囲気はとても大切です。それに最後まであきらめずに頑張ることが大切です!

開智高校 山本希保さん-京都光華女子大学(健康科学部)、神戸女子大学(文学部)
武庫川女子短期大学(食物栄養学部)

山本さん テストがどの科目もたくさんあるので大変ですが、そのテストの勉強と授業の予習でそれだけでもだいぶ勉強になります。生物は細かいところまで教えてくれるのでより深い知識が現役のときよりつきました。間違えたところはどこで間違えているのか詳しく丁寧に説明してくれてそれが実力になりました。私は日曜日も出来る限り朝から予備校に来て勉強にリズムを作りました。5分間スピーチでは様々な学校の話や笑い話が聞けたりしてとても良い気分転換になりました。磯川さんと仲良くなれて本当に世界が広がりました。

向陽高校 中井健太君-福岡教育大学(教育学部)

中井君 スパブに入ったおかげで規則正しい生活習慣がつきました。遅刻や欠席がないのはもちろんのこと朝は早く来て授業前もテストのための勉強や予習などの勉強をするように心がけました。それに休みの日もスパブで自習するようにしました。楽しい予備校でしたがオンとオフのけじめはきちんとつけられており、楽しむときは思いっきり笑って、勉強するときは真剣にするというメリハリがあった。授業のあとわからないところを質問しにいくといつも丁寧に教えてくれました。授業以外では5分間のスピーチや点数制度(入ったら分かります)が面白い制度でした。

向陽高校 楠山巧君-山口大学(教育学部)、関西学院大学(教育学部)

楠山君 「少人数の方がいい」、「だらしない生活で勉強に集中できない」という人にはスパブはお勧めです。少人数で一致団結して頑張れますし、一年間で勉強に対する気持ちが大きく変わります。勉強の面では生物の解説が分かりやすく、英語の予習のおかげで長文の中でも瞬時に構文を見つけられるようになり、要約も得意になりました。とにかく今までこんなに勉強したことはなかったし、真剣に勉強したのも初めてだった。楽しくも充実した1年間でした。木戸君の"シーソーゲーム"、松山千春、磯川は衝撃だった。

開智高校 木戸恒太君-東京電機大学(理工学部)、大阪産業大学(デザイン工)

木戸君 スパブに入ったおかげで相当伸びました。特に英語は苦手でしたが、単語など一から基本的なことからコツコツしたので少しずつ伸びていきました。去年の成績から考えると大きな進歩でした。予備校の雰囲気は明るく、みんな協調性があり、にぎやかな雰囲気でした。それでいて勉強にもとても集中できる予備校でした。僕は分からないところは 先生にも聞きましたが、友達も良く教えてくれました。とてもみんな親切な人たちでした。感謝しています。特に磯川さんは僕にとって母のような存在でした。

和歌山信愛高校 磯川紗希さん-静岡大学(工学部・機械工)、防衛大学校(理工学部)

磯川さん 勉強の面では復習を必ずするように心がけました。繰り返すことが大切で数ⅢC、化学と物理は授業で分からなかったところを分からないところは質問をしたり、ノートにまとめたりして何度もそれを見直しました。自習室は個別ブースで棚もあり勉強にはとても整った環境でした。いつも勉強ばかりという感じはなく、前で話すこともあったり、適度に笑いありといったアットホームな雰囲気も良かったと思います。スパブに入ったら近くにゴトウがあるのでどんどん太ることができます。私のお気に入りは唐揚げ。最高に美味しいです!

向陽高校 山本悟志君-茨城大学(工学部・知能工)

山本君 高校時代は遅刻ギリギリが多かった僕にとって、スパブでの厳しい指導は良かったと思う。遅刻や欠席は1度もなく通うことができた。勉強に関しては数Ⅲや物理では予習をしてきたところを前に出てきて書くこともあったが、そのために自分で考えたり、苦労してやってきた問題は結構頭の中に残っていました。これも自分にとっては良かった。英語は苦労しましたが、とにかく書いて音読してコツコツと努力しました。予備校ではいい仲間たちに恵まれて楽しく1年間通うことができました。

桐蔭高校 岡野仁美さん-岡山大学(医学部)

東方さん 少人数制の予備校で勉強はやりやすかったです。夜はいつも9時過ぎまで残り規則正しい予備校生活を送ることができたのが大きな勝因です。センター試験では全体で200点近くも伸びました。これも日々の予備校でのテストをきちんとこなしていったためだと思います。特に英語は基礎から積み上げていったので苦手意識もなくなり一番伸びたように思います。少人数だからみんな仲が良くて通いやすい予備校でした。

海南高校 東方志帆さん-高知大学(教育学部)

東方さん 予備校生活をしてからは生活スタイルを一変させ早く予備校に来ることを心がけました(7時半頃)。これがよかったのだと思います。授業は少人数の授業だったので発言する機会が何度もあり、緊張感もありました。でも笑いもあり授業はあきない楽しい雰囲気のなかで進められました。大勢の人がいるような予備校では学べないようなことをたくさん経験できました。予備校の仲間はみんな良い人たちばかりで楽しい予備校時代を送ることができました。英語は中学から苦手意識がとても強かったけれどスパブに来て解消されました。

向陽高校 岩崎麻友さん-鳴門教育大学(学校教育学部)

岩崎さん 英語の単語テストや単元別のテストは絶対に受かるという気持ちで必死に取り組みました。このテストのおかげで基礎力がつきました。この1年は勉強面では大変だったけれど予備校では良い仲間に恵まれて楽しく勉強することができました。放課後の休憩の時間にはみんなと散歩に出かけたり、トランプをしたり、とても仲良しでした。良い気分転換になりその後の勉強に熱が入りました。先生はとても気さくで親しみやすい先生です。やる気が出るようにいつも私たちを励ましてくれました。

智辯学園和歌山高校 木戸恒陽君-三重大学(医学部・医学科)

木戸君 少人数ということもあって、人と人とのつながりが感じられる理想的な予備校でした。気軽に質問ができるため 分からないところを残すことなく自分のものにすることができました。自習室ではみんなが集中しているので やる気を失うことなく常に集中して学習に取り組むことができました。自主室には個別のブースがありこれも集中して勉強できる要因でした。

桐蔭高校 丸田晃平君-神戸大学(医学部・保健学科)

丸田君 予備校で行う単元ごとの確認テストに合格するためにテキストや他の問題集を何度も解いていくうちにかなり力がつきました。このテストがなかったら 復習もロクにせず、ただ勉強した気になって終わっていたでしょう。少人数ということもあってアットホームな雰囲気で人間関係で頭を 悩ますことはないでしょう。自習室も広めのブースでかなり勉強しやすいです。やろうと思えば朝7時から夜10時まで利用できるので やる気のある人はいくらでも伸びます。

桐蔭高校 西岡誠悟君-神戸大学(工学部・市民工学科)

西岡君 基礎から学べる授業であったので一から知識の定着がはかれて発展していく授業は僕にとっては理想的な授業であった。大の苦手の物理は公式や丸暗記を 避けた解法のおかげでかなり分かるようになった。それに、少人数でみんなが一体となって学べる環境も学習効果を高める効果があった。最後に、先生には 勉強のことばかりではなく生活態度に対する指導もしてくださったことにとても感謝しています。

桐蔭高校 杉原君-東京農工大学(農学部・地域生態システム学科)

杉原君 少人数制なのでみんなが仲良く、おかげで楽しい1年間を過ごすができました。授業は基本から丁寧に教えてくれたおかげで 実力は相当伸びました。基礎の大切さを実感しました。各分野が終わった後に行われるテストでは高得点を取れるように 準備をしたおかげで苦手分野が減っていきました。目標を一つ一つクリアしていくことに注力しました。 環境面では非常に静かな自習室で、いつも勉強に集中することができました。本当にスパブにして良かったです。

開智高校 湯上拓馬君-東京海洋大学(海洋工学部・海事システム工学科)

湯上君 先生は話しやすく、時には厳しく親身になって叱ってくれる先生でした。楽しい授業であったが、真面目にするときは真剣に メリハリのある授業でした。授業では数Ⅲと物理は初めての科目でしたが、きちんと一から教えてくれました。 勉強から逃げてしまう人や自分でできない人にはスパブは良い所だと思います。僕はそういう人間でしが、 この1年間は遅刻、欠席をしないで、週2回ある単語テストは必ず受かるように頑張りました。

桐蔭高校 中村 良君-金沢大学(理工学部・自然システム学科)

中村君 テストがあるのでそれを目標に頑張れば自然と実力がついていきました。さらに宿題もきちんとこなせば相当伸びていきます。 僕はそれを信じてこの1年間頑張ってきました。この1年間怒られもしましたが、一つ一つ親身になって接して頂いて感謝しています。 毎日、予備校に来るのが楽しいくらいでした。みんなで解答を前に書いてそれをもとに色々と議論し合ってしたことは今となっては 良い思い出です。

近大附属和歌山高校 松尾崇広君-徳島大学(歯学部・歯学科)

松尾君 勉強、生活の両面において私達に親身になってくれ、時には厳しく指導してくれる頼れる先生でした。 基本を特に大切にし、その上で応用力を身につけるという教え方は自分に合っていました。また、 英単語やその他の試験などをきちんとこなしていく日々の学習の大切さを教わりました。 授業中は笑いが常にあり、やるときには真面目にやるという環境で受験生にはメリハリのあるとっても良い予備校でした。

桐蔭高校 釼先伴和君-立命館大学(理工学部・都市システム工学科)

釼先君 毎日何かしらのテストがあってそれを目標に勉強をすることができたのが良かったです。日ごろは厳しく引っ張ってくれたおかげで この1年間だらけることなく充実した受験生活を送ることができました。どの教科も基礎からしっかり教えてくれて 相当実力は伸びました。特に物理は授業でやった分野は模試で確実に点数が取れるようになりました。予備校で使用するオリジナルの テキストはどれもよくまとまっていて覚えやすかったです。

海南高校 十川太輔君-近畿大学(生物理工学部・生物理工学科)

十川君 先生の授業はどの科目も熱が入っていて理解しやすく一人ひとり丁寧に教えてくれました。また、 勉強面だけでなく生活面に対しても厳しく指導してくれたことで色々なことが身につきました。毎日のようにあった英語のテスト のおかげで苦手だった英語の学力はものすごく上がったと思います。先生の手作りのオリジナルテキストは良く作られており、 これのおかげで効率よく勉強ができました。

星林高校 高崎真太郎君-京都産業大学(法学部・法律学科)

高崎君 予備校では宿題は絶対に忘れないようにして、授業の予習、復習はきっちりやりました。 歴史、英語に関しては先生からもらったプリントを徹底的に復習しました。そのおかげで全体的に相当伸びました。 英語では単語がかなり重要であることが実感させられました。熟語、単語の基本的な暗記でも相当英語の力は つきました。勉強は毎日継続してコツコツすることが重要です。最低でも1日8時間は勉強するようにしました。 おかげで日本史の試験は私立の本番ではコンスタントに80~90%はとれるようになりました。日本史は得点元になってくれました。

桐蔭高校 吉野敬祐君-横浜国立大学(教育人間科学部)

吉野君 何より生活のリズムを作ることを大切にしました。これは1年を乗り切る上でとても大切なことだと思います。生活が乱れていては、勉強するのが辛くて 身にも入りません。規則正しい生活を心がけましょう。予備校の雰囲気はピリピリし過ぎず、ゆる過ぎず、ちょうど良い雰囲気でした。街角の隠れ家的な良い環境でした。 この予備校は他と吟味せずに、即決してしまっていいと思います。浪人生は大手で埋もれて行くより、少人数で競い合い勉強する方が伸びるし、置いてきぼりもありません。 充実の1年を選択しましょう。先生には勉強だけでなく社会に出てからのさまざまな事を教えていただきました。今、これらの全てが僕の力となっています。 僕は人間としてまだまだですが、通過点であるここでの1年はより僕を成長させてくれました。一年間本当にありがとうございました。

桐蔭高校 吉川太基君-大阪市立大学(理学部・化学学科)

吉川君 この1年間特に力を入れたのは、規則正しい生活を心がけることでした。早めに予備校に行って準備をしてから朝の授業に臨みました。そして、 センター試験の1ヶ月前には毎朝7:45からセンター試験用の模擬試験の特訓を志願しました。センター試験が終わってからも朝早くから2次試験用に記述のテストを 先生にしてもらったおかげで最後まできちんとペースを守って1年間最後までやりきることができました。 授業は、少人数制だったので授業中でも質問しやすく理解しないまま進むことがなかったので納得して授業が進んでいきました。 それにとても集中することができました。また、放課後の質問でも自分が納得するまで教えてくれたので疑問はすぐに解決できたことが非常に良かったです。 予備校はとても楽しくて、みんな仲が良くて来るのが苦にならなかったです。少人数制のアットホームな雰囲気と切磋琢磨できる良きライバルが集う予備校だったので 自分にはピッタリでした。

桐蔭高校 嶋田淑さん-(中期)都留文科大学(文学部)、(後期)山梨大学(教育学部)

嶋田さん 高校時代ほとんど勉強せずに、3年の最後の英語の追試に寝坊していた私が1年間やってこれたのは先生と友達のおかげだと思います。私には真似できない大きな 志をもった子や毎日朝早くから勉強している友達の姿に支えられた部分は大きかったです。1年間しんどかったですが、浪人して本当によかったと思います。 かけがえのない経験ができました。
大切なことは前向きでいること、休まずに予備校に通うことです。当たり前のことですが、浪人は本当に辛いので途中で止めてしまったりする話をよく聞きます。 苦しいときでも私は努力を続けていきました。 高校時代、時間にルーズだった私がこの1年1回も遅刻しなかったのは先生のおかげだと思います。厳しい先生ですが、色々な面白い話もしてくれます。 伸びた科目は英語と日本史と古典です。英語は授業とテストがほぼ毎日あるので自然と伸びました。日本史は1年間で全範囲授業をしたので、直前1ヶ月の復習で 20点近く上がりました。 少人数制なので一人ひとり丁寧に教えてくれます。ほぼ毎日テストがあるので競争意識が芽生えて良かったです。 みんな仲良しで、私は理系科目をよく友達に教えてもらいました。 センター試験が終わると授業がなくなったり、特別講習で追加料金をとる予備校がほとんどですが、さらにお金を払うことは全くなく、センター後も きちんと2次対策の授業をしてくれるのが良かったです。

桐蔭高校 山下準平君-徳島大学(薬学部・薬学科)

山下君 塾でやったプリントの復習を最後までやったおかげで、後期試験の化学で大逆転をすることができた。同じ問題が熱化学のところで出題されたのにはびっくりした。 最後まであきらめないことが大切。試験をきちんとこなして日々復習することが重要であると実感した。 単語のテストや単元別の確認テストなど他の予備校ではやらないようなテストをしてくれたのでよかった。これをこなしていけば 自然と実力はついていった。 科目別では、数学は基礎からやってくれるので非常に伸びた気がする。高校のときは、理論や無機などは適当にしていたが スパブに来てからできるようになった。 にぎやかな雰囲気でみんな仲が良かった。アットホームな環境であった。

桐蔭高校 堀口恭平君-関西大学(人間健康)

堀口君 僕は3年間、野球しかしてこなかったので現役時のセンター試験は全く点が取れず、予備校に入る時は不安しかありませんでした。 先生に「単語は30個も覚えれる気がしません」と言ったことがあると思います。しかし、週3回の単語テスト、週2回の日本史小テスト、 特に気力と体力が必要だった数学、日本史の単元別テストなどのおかげで「勉強のコツ」を覚え、少しづつ模試などで点がとれるようになり、 勉強が楽しくなっていきました。
冬ではまだ真っ暗な中、朝早く起きて来るのが少し辛く感じたこともありましたが、 第一志望に合格したいという気持ちと周りで支えてくれた人達がいたから、予備校では一番に来て、一番最後まで残って勉強を続けることができました。 もし他の予備校に行くことになっていたら、おそらく一番下のクラスになって腐っていたかもしれません。 でも先生は、僕が模試やテストでどんなに悪い点を取っても決して見捨てることなく最後まで励ましてくれました。 それが何よりもうれしくて絶対に最後までついていこうという気になりました。「ここまで勉強ができた!最後までやりきった」ということが 僕の満足と大きな自信になりました。

桐蔭高校 硲一樹君-大阪府立大学(生命環境学部・獣医学科)

硲君 この一年で、理系科目の二次の力が相当つきました。特に苦手だった化学の成績が上がり、比較的得意だった数学の成績は一層上がりました。 昨年はほとんどがDまたはE判定だった大阪府大の獣医もほとんどがAやBの判定がでるようになり、伸びが実感できました。 予備校はとても静かでみんなとても集中していたので、勉強に打ち込むことができました。 テストが毎日のようにあったので少し大変だったけれどきちんとこなしました。そのおかげで夢であった獣医学科に合格することができました。 先生は色々なことに相談にのってくれ、励ましの言葉をかけてくれてとても心強く励ましてくれました。一年間本当にありがとうございました。

向陽高校 沢田翔一君-大阪府立大学(工学部・化学工学科)

沢田君 この一年間、きちんと朝食を食べて遅刻をしない規則正しい生活を送ることに心がけました。 各分野で確認テストがあったので自然と復習ができて、着実に実力がついていきました。 テストは大変だったけれどきちんとやっておいて良かったと思います。良い問題をたくさん与えてくれて非常にためになりました。 物理の考え方が身についた気がします。物理はだいぶ得意になりました。少人数ならではの節度ある雰囲気で勉強にとても集中できました。 この予備校にして本当に良かったです。一年間最後まで本当にありがとうございました。

大阪夕陽丘学園高等学校 田中友惟さん-大阪府立大学(理学部・情報数理学科)

田中さん はじめは週末にアルバイトをしながら大阪の予備校に行こうと思いましたが、実際にはそんな甘いことでは合格出来ないと考え、結局は友達の紹介で スパブにしました。ここは少人数制で面倒見が良い予備校です。丁寧に指導してくれます。ここに来て本当に良かったです。第一志望の大学にも合格できて予備校生活を楽しめました。 成績は全体的によく伸びましたが、英語と生物、物理が特に伸びました。英語は単語テストと復習の読解テストをきっちりとこなしたから だと思います。たまには厳しい言葉ももらったけどそのときはもっとがんばろうと思い必死についていきました。一年間本当にありがとうございました。

飛翔館高校 石川裕大君-徳島大学・薬学部・薬学科

石川君 国公立の薬学部進学は僕の夢でした。志望校の赤本を自分の棚の目立つところに置いて「ここに絶対合格する!」と心でいつも念じていました。 成績は現役時に比べ相当伸びました。2次試験の前日まで予備校で入学当初からのスタンスを変えることなく必死で勉強し続けました。 授業でやったプリントが中心です。これを最後まで復習したことが最大の勝因です。個々の科目では英語が苦手だったのですが、 長文は一文一文きちんと和訳してくれて丁寧な指導で大きく伸びました。スランプに陥ったときは先生の励ましで乗り切ることができました。 本当に一年間ありがとうございました。最後にせっかく浪人したのだから変わらないとダメです!厳しい環境に身をおくことは絶対に必要だと実感しました。

桐蔭高校 大森佑裕樹君-鹿児島大学(保健学科)

大森君 規則正しい生活を送ることを心がけて1年間頑張りました。予備校で行われるテストと復習はきちんとこなしました。そのおかげで英語を中心にかなり伸びました。 センター試験では200点以上も伸びました。指導はとても丁寧にそして熱心に教えてくれました。それには勉強する環境が整っていたので、 一年間集中して最後まで頑張りぬくことができました。本当に先生ありがとうございました。

近畿大学付属和歌山高校 近藤維君-大阪大学(工学部・応用自然工学科)

近藤君 僕が受験勉強でこだわった事は予備校のテストに満点近くで合格することでした。自分の分からないところは分かるまで何度も先生に質問しました。 先生は熱意のある方で勉強の質問だけでなく、進路のアドバイスも熱心にしていただきました。また、話しやすく、気楽に色々な相談にも乗ってもらいました。 授業では頻出、重要問題に取り組み、後日、復習テストを行うことで実力が確実に伸びました。 テストは大変ですが、がんばった分は着実に実力になります。日々コツコツと勉強することが重要です。 また、集中出来る環境かどうかもとても重要です。スパブは少人数で非常に静かな環境で、とても勉強に集中できました。